トップ

法律業務を行う士業達

日本において民間で法律業務を仕事として行うには、ほとんどの場合資格が必要になってきます。その資格をもっている人たちのことを総称して士業と呼んでいます。その最も代表的なものが弁護士で、訴訟関係の仕事のほか、他の資格者が行う業務領域を網羅しているという点では、日本では最強の資格といえるでしょう。そのほかの資格では、弁理士は特許の出願など知的財産権に関する業務を行う資格、公認会計士は上場企業等の会計監査等を行うための資格、税理士は税務コンサルや税務申告業務等を独占して行うための資格、社会保険労務士は社会保険、労働保険の手続き業務や就業規則の作成業務を行うための資格、行政書士は権利義務に関する書類や、役所への許認可とるための書類作成を行うための資格など多くの士業があります。

コンサルのスキルを身に付ける

士業は既に自由化、定型化に伴い、従来の業務のみでは差別化がしにくくなりました。そのためそれらの間では価格破壊が起こり、一つ一つの案件の低価格化が進んでいます。もちろんそれでも業務があるうちはいいのですが、やはり士業間の差別化を図る必要があります。差別化の一つがコンサルでしょう。例えば会計、税務を生業にしているのであれば、経営支援や事業継承等を手がける、セミナー等でノウハウを幅広く展開する、生業を展開したコンサルメニューを確立させることが不可欠になります。そのためには、まずは自身の業務を棚卸し、得意分野を定めそこを掘り下げるか、新たなサービスを開発するかを検討しましょう。

© Copyright 士業の仕事と今後の流れ. All rights reserved.