トップ / 地上権はどんな権利なの

他人所有の土地を利用する権利「地上権」

地上権とは、他人が所有する土地を借り受け、地下、空間を含むその土地に建物や電柱、橋などを作り利用する権利のことを言い、設定されると土地の持ち主には登記義務が生じます。不動産に対する物権のひとつで所有者の承諾なく他人に譲渡する権利を持ち、合意で定める場合の存続期間の設定に制限がないのが特徴です。地上権を持つ建物の所有者は建造物の撤去を要求されても応じる必要はなく、使い続ける権利を持っており土地の持ち主による抵当権の行使はできません。

© Copyright 士業の仕事と今後の流れ. All rights reserved.