トップ / 士業事務所の開業について

資格取得して士業事務所開業可能

司法書士や社会保険労務士、弁護士や行政書士などの国家資格はその資格を取得することで士業事務所を開業することが出来るようになり、フリーランスとして働くことが可能となります。これらの資格は取得には沢山の勉強が必要となり、独学で合格をする人も中にはおりますが、多くの人が資格試験の専門スクールを利用して資格取得を目指しています。士業事務所として独立を目指している人でも、資格合格後にすぐに開業しても仕事を受注したり、業務のノウハウがわからないことが多い為、同業の事務所などで経験を積んでから独立する人が多くなっています。

フリーランスで生計を立てるには

士業として事務所勤めを何年か経験した後、独立して身を立てたいと誰しもが一度は考えることです。その一つの選択肢としてフリーランスということもあるでしょう。時間や場所に拘束されず仕事ができる魅力はありますが、士業であってもお客様の確保が前提です。事務所のお客様を担当することがご法度になっていることも多いので、新規開拓が必須です。またお客様の都合に合わせて仕事をする必要があるので、勤務時間も休日も変則的になりがちです。事務所勤務時代以上に、心身共に健康を保つ必要があるでしょう。何よりも個人としての信用の確立が大切であることを忘れないようにしましょう。

© Copyright 士業の仕事と今後の流れ. All rights reserved.