トップ / 専門的な事は士業に相談を

士業と呼ばれる人たちについて

士業と言われてもピンと来ない人も多いと思いますが、司法書士や行政書士、弁護士と言えばもう皆さんご存知の職業でしょう。いわゆるそれぞれの法律に関するプロフェッショナルであり、一般の人達の代わりに行政手続きや時には裁判で弁護をしたり、確定申告の時に活躍する税理士の士業の中の1つの職業です。主な仕事は法律に関わる手続きや書類の作成、相続や税金等様々な相談の対応等をしています。時には私達の代わりに手続きをしてるおかげで、相続の際に起きる揉め事等も治めてくれますので私達の暮らしにとって本当に重要です。

離婚 弁護士今後の事もしっかりと。
双方のみの話し合いで、養育費が自然と曖昧になる問題も。しっかりと専門家を入れての話し合いがおすすめでしょう。

士業ってどんなイメージですか?

社会における専門職の方の資格には、士という文字がよく使われています。よくメディアでコメントを求められているのが、弁護士、司法書士、行政書士、管理栄養士など数々の士業の方です。これらは国家資格ですが、他にも民間資格もあり、さまざまな士業の方々が、あらゆる分野で活躍されています。いずれも難関を突破されて合格し、事務所に勤めるタイプや独立開業するタイプ、さまざまな選択肢があります。そして世のため人の為に勉強で培った知識を活用して経験を重ねていく、そんなプロフェッショナルなイメージがピッタリですね。

© Copyright 士業の仕事と今後の流れ. All rights reserved.